FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹の脚

あれやこれやとやることがいっぱい!
ひとつひとつ片付けていってると、
心なしか腕が太くなっているような気がします・・・

そして気がついたらユンボの操作がうまくなっているし・・・
スコップの使い方もうまくなってるような気もするし・・・

あいかわらず、土に触れたあとの身体の芯の痺れ感が気持ちよい。
細胞が喜びながら浄化されていってるような気がしたりもします。


先日、昨年まで天日干しで米を作っていたという農家の方のところに行ってきました。
もう田んぼをやめるので、稲架の脚をもらえるという話を聞いたからでした。
ついでに使っていたバインダー式の稲刈り機と自走式のハーベスターも、
譲ってもらえたらいいんだけどなあと思っていそいそと出かけました。

この方とは初めてお会いしたのですが、話していたら、チャクラだとか、
神様だとか、光が見える話だとかされるので、なんか妙に盛り上がりました。
周りから頭がおかしいから病院に行くようにいわれ、検査を受けたりしたのだとか。
奥様からはいい話し相手ができてよかったじゃない、っていわれてました。(笑)

いろいろ話していると、やはりもう年でもあり、機械も壊れたので、
やめるしかないかと思っているとの事・・・

昨年、稲刈り中に稲刈り機が壊れたのだそう・・・
ついでにハーべスターも調子が悪かったので、
両方とも屑屋に持っていってもらったとのことでした。
ハーべスターは修理すれば使えたけんどなあとのことで、超残念!

ちょっと離れた場所にある田んぼが気がかりとの事で、
田植え、稲刈りを手作業でやるしかないという状況なんだけど、
一緒にやらないかいと誘われましたが、
さすがに手にあまるのは見えているので、これはお断りしました。

自分とこでも1反2畝ほどは手刈り、天日干し、足踏み脱穀機での脱穀、
ということになりそうなので、これ以上、人力作業を増やすのは危険ということで・・・

話を聞いていると、その農家の方が気にされているのは、
まわりの田んぼに迷惑がかかるということなんですね。
やめたから、そのままでいいってことはなく、
年に2~3回はきちんと草刈りはしないといけないし・・・
なかなかのジレンマというようなことを話されていました。
田んぼを持つということの意味と農家の思いに触れた気がしました。


しかしねえ、話の中でしょっちゅう出てきた言葉が、
「百姓じゃ、生活はできないよ。」という言葉。
もう何度も何度もつぶやかれていたのが印象的でした。

古い梁の見事な農家住宅の軒下には3年しか使っていないという乾燥機がありました。
天日干しした上に乾燥機にもかけてたんですね。

この乾燥機はまだおいておくのだそうです。
もしかしてその田んぼを息子がやってくれるかもしれないので、
そのためにおいておくというような感じ・・・

奥さんが話されていた言葉も印象に残りましたねえ。

この辺の農家はみんな百姓だけでは食ってけないんだよね。
みんな土地を切り売りしたり、アパートや駐車場作ったりして、
そのお金でなんとか農機を買ってやってるけど、どうせ元は取れないからねえ・・・


その日は、稲架の脚が細くて思ったより短かったので、
使えないと判断して断ったのですが、なるべく要らない出費はなくすために、
この脚はもらっておこうと思い直し、翌朝ひとりで訪ねていって、
軽トラ借りて竹の脚を運んじゃいました。

何十年も使ってるとおっしゃるにしては、しっかりしています。
竹でもそんなに長いこと使えるのですね、ちょっとびっくりしました。

そのうち、使えるのと使えないのを仕分けしておこうと思います。

さ~て、とりあえず、脚は手に入ったので、あとは長めの横棒をゲットせねば!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大西 淳

Author:大西 淳
おおにしじゅんと申します。

メインのHPはこちらからどうぞ
さいたま丸ヶ崎大西農園
http://www1.plala.or.jp/angel-space/farm.htm

2008年から思い立って自然農を学び始めました。2年間自然農の稲作、野菜作りを学びながら、本格的にお米作り、野菜作りをしたいという思いが増してきていました。

ちょうどそんな時にひょんなことから知り合った地元、丸ヶ崎の農家の方に声をかけていただき、本格的に田んぼをやることになりました。

最初は1反だけのはずが、気がつけば7反の田んぼをやることになり、あとにはひけぬ状況の中でお米作りに励んでいます。

あれよあれよというまに話が進んだ感じですが、これからが本番です。無農薬、無除草剤、無化学肥料でコシヒカリと黒米など、古代米数種類を育てて、秋には販売する予定でいます。

スタートしたばかりの大西農園。これからいろんな経験をしていくことになると思います。このブログでは農園でのあれやこれやと書いていけたらと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

もうちょっと詳しい自己紹介はこちらをご覧ください。↓

「ちょっと恥ずかし、自己紹介!」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。