FC2ブログ

湯温消毒

作付け予定の種籾を60度のお湯に10分間つけました。
いわゆる昔ながらの湯温消毒というやつです。

自然農では消毒せずとも問題ないというスタンスですが、
パレット育苗して、機械植えの予定ということもあり、
いちおう郷に従うという意味で、消毒作業をしました。

薬で消毒するのが普通のようですが、
薬は使いたくないので、昔ながらの湯音消毒をしたというわけです。

しかし、60度の温度を保つのって微妙でむずかしいですね。
何回かに分けて、コシヒカリから、黒米、赤米など、
全部で5種類の種籾をぶじに消毒終了しました。

これから数日間は水の中につけておきます。
1週間後くらいに30度くらいのお湯に入れて、芽を出させます。
たぶんお風呂の残り湯の中に一晩つけておくって感じでしょうね。
鳩胸状に芽が出てきたら、一回乾燥させ、パレットに種まきです。
いよいよ大事なプロセスに入ってきました。

こんな時期なので、外で作業するときは必ずマスクをして、
その日の風向きを考慮に入れながら動いていますが、
果たして、今度どういう展開になるのでしょうか?

今やらなければ、米は作れないので、やります。
しかし、今後の原発の動向次第では、
稲作は諦めないといけないかもしれないということをどこかで覚悟もしています。
ひとつひとつの作業がいとおしく感じる今日この頃です。

種籾一粒が1000粒、1万粒に増えるのですね。
おいしいお米を作りたいです。
スポンサーサイト
プロフィール

大西 淳

Author:大西 淳
おおにしじゅんと申します。

メインのHPはこちらからどうぞ
さいたま丸ヶ崎大西農園
http://www1.plala.or.jp/angel-space/farm.htm

2008年から思い立って自然農を学び始めました。2年間自然農の稲作、野菜作りを学びながら、本格的にお米作り、野菜作りをしたいという思いが増してきていました。

ちょうどそんな時にひょんなことから知り合った地元、丸ヶ崎の農家の方に声をかけていただき、本格的に田んぼをやることになりました。

最初は1反だけのはずが、気がつけば7反の田んぼをやることになり、あとにはひけぬ状況の中でお米作りに励んでいます。

あれよあれよというまに話が進んだ感じですが、これからが本番です。無農薬、無除草剤、無化学肥料でコシヒカリと黒米など、古代米数種類を育てて、秋には販売する予定でいます。

スタートしたばかりの大西農園。これからいろんな経験をしていくことになると思います。このブログでは農園でのあれやこれやと書いていけたらと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

もうちょっと詳しい自己紹介はこちらをご覧ください。↓

「ちょっと恥ずかし、自己紹介!」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
現在の閲覧者数: