FC2ブログ

赤米黒米を使ったデザート!

赤米黒米を使ってデザートを作ってもらいました。

これは黒米を使った、プディング!
バリではブラックライスプディングなんて呼ばれてたりします。
上に乗ってるのは栗のみですね。
ココナッツミルクと豆乳を混ぜてかけてあって、とってもマッチしています。

赤黒デザート2

こちらはバナナが乗ってますね。
なぜか、バナナが合うんですよね、不思議です。
バナナの下にちょっと見えてるのは、自家製の米飴です。
ほのかな甘味がとてもいい感じ・・・
赤黒デザート1

その翌日、こんなのが出てきました。
じゃじゃん
赤黒デザート3

じゃじゃじゃん
赤黒デザート4

上にイチジクがのってます。
赤黒デザート5

さらにこれのも米飴をのっけてみました。
赤黒デザート6

混ぜ混ぜしながら食べています。
赤黒デザート7

う~ん、絶妙・・・


中の黒米が麹で発酵されてるので、少し甘味があるのです・・・
これはいい、ものすごく上品な仕上がりです。
高級デザートといってもいいかなと思います。
うまいです。
スポンサーサイト

おいしいを超えたご飯

この秋発売予定のさいたま丸ヶ崎スペシャルブレンド・・・

その中身は無農薬、無化学肥料、除草剤なしで作るコシヒカリをベースに、同じく無農薬、無化学肥料、除草剤なし、天日干しで作った黒米、赤米などの古代米を数種類ブレンドしたものになる予定です。

さいたま市丸ヶ崎の田んぼは昔からおいしいお米ができることで有名な土地だったそうで、肥料は入れなくても収量がいいといわれてきたところでもあります。

このところ、いろんなブレンド割合を試行していますが、だいたいの基本線は見えてきました。そして、今感じている手ごたえは、「おいしいを超えたご飯になりそうな感じ・・・」ということです。

まぁ、自分でやってることなので、かなりのひいき目もあるでしょうが、ただおいしいだけではない究極のご飯に近づけているような実感があります。

まだまだ調べてみないといけないことはいっぱいあります。これからは白米ベース、あるいは分搗き米ベースのブレンドの場合どうなるのか、すこしずつ試していこうと思います。

やり始めるとやることがいっぱいありますね。
次から次へと頭も身体もフル稼働で動いています。

米のもつエネルギーに負けないように、しっかりと体制を作っていきたいところです。稲を育て、米を収穫することはもちろん、もっともっといろんな面でのポテンシャルをあげられるように・・・

今日も研究は続く・・・

古代米の比率を増やすととてもおいしくなります。
今日は少し濃くして食べてみました。

しかし、こうなると、おいしいを越えてすごいって感じ・・・
エネルギーも濃いです。
エネルギーをもろに感じますね。
これだと少量食べるだけでじゅうぶん満足できるかな・・・
エネルギーに敏感な人だと、くらっとくるかも・・・ってくらい・・・

もしかしたら、大西農園、すごいことをしようとしているのかもしれません。

ここまでエネルギーが濃いと毎日は食べれなくって、
特別な時に食べるって感じのほうが現実的かもしれないと思いました。

明日はもう少し比率を下げて、今日と一昨日の中間くらいで食べてみようと思います。

さてさて、こうして今日も研究は続くのであった・・・

ブレンド!それはオタクの世界!???

この秋に販売予定の「さいたま丸ヶ崎スペシャルブレンド」・・・
実現に向けて、ただいまいろんなブレンド比率を試してみています。

自分ちのご飯の時に炊いて食べるので時間がかかりますが、
比率の違いでどのくらい味が変わるのか、興味津々!

これでいいかなという比率のご飯は、たしかに研いでる時から、炊いてる時から、
香りがばつぐんによくって、じゅうぶんこくがあって、それでいてしつこくない・・・
これなら毎日食べてもだいじょうぶという気がします。

古代米比率が多すぎるとおこわのようになるので、とてもおいしいんだけど、
毎日食べるにはちょっとしつこい感じになるのですね。
そのちょうどいい比率を自分なりに模索してみています。

今日食べた比率でじゅうぶんいいかなとは思うのですが、
もう少し古代米比率を増やしたらどうなるか、もう少し試してみようと思います。

もっとも今食べてるのは自然農で作ったお米と
青森の無農薬津軽ロマンをベースにして試しているので、
実際に今年作る予定のコシヒカリベースのものとはまったく同じとは言えないんだけど・・・

なにせ昨年は13種類のお米を作ったので、
いろんなブレンドが可能というわけで、時間があればいろいろ試してみたいです。

夜な夜な、籾摺りしてブレンドしています。
こうなるとなかなかにオタクの世界ともいえるかもね。

バリの黒米

昔、バリによく行っていたころ、ときどき黒米のお粥を食べました。
豆のお粥だったり、米のお粥だったりしますが、バリではよくお粥を食べます。

黒米のお粥はまるでぜんざいのようでね、
甘く味付けしてあるので、それはまるでデザート感覚だったですね。
おしるこっていう方が近いかな?

黒米のおかゆの中にバナナとか入れて、
上から白いココナッツの削り節を振り掛けると、
ものすごくおいしかったのです。

踊りの練習でくたくたになってる時に食べたら、生き返る感じがしました。
あぁ、なつかしいバリのデザート・・・

よく自然農の田んぼなどで育てている黒米は長い粒の黒米が多くて、
バリで食べた黒米とはあきらかに種類が違います。

ところが、昨年、青森のふじこの実家で作ったという黒米の種をもらったので、
少しだけ作ったら、これは短粒種で、いわゆる日本の米に似たタイプの黒米でした。
調べて見ると、どうやら「朝紫」という品種の黒米らしい。。。

さらに調べていくと、「朝紫」はバリの黒米を日本に持ってきて、
日本のお米と掛け合わせて作られた品種なのだそうで、
この黒米の中にはバリのDNAが入っているのですね。

ここでバリがつながってくるとは・・・(>_<)

そう思うとなんともいえぬ縁を感じるといいますか・・・
青森経由でバリのDNAが埼玉にやってきました~みたいな・・・

この黒米を今年はメインで育ててみようと思っています。

さいたま丸ヶ崎ブレンドのおいしいお米の中には、バリのDNAも入っている・・・(^^)v
僕的にはものすごいツボにはまる感じなのです。

これが昨年の「朝紫」・・・バリのDNA入り(笑)
IMG_6258_convert_20110121212914.jpg
プロフィール

大西 淳

Author:大西 淳
おおにしじゅんと申します。

メインのHPはこちらからどうぞ
さいたま丸ヶ崎大西農園
http://www1.plala.or.jp/angel-space/farm.htm

2008年から思い立って自然農を学び始めました。2年間自然農の稲作、野菜作りを学びながら、本格的にお米作り、野菜作りをしたいという思いが増してきていました。

ちょうどそんな時にひょんなことから知り合った地元、丸ヶ崎の農家の方に声をかけていただき、本格的に田んぼをやることになりました。

最初は1反だけのはずが、気がつけば7反の田んぼをやることになり、あとにはひけぬ状況の中でお米作りに励んでいます。

あれよあれよというまに話が進んだ感じですが、これからが本番です。無農薬、無除草剤、無化学肥料でコシヒカリと黒米など、古代米数種類を育てて、秋には販売する予定でいます。

スタートしたばかりの大西農園。これからいろんな経験をしていくことになると思います。このブログでは農園でのあれやこれやと書いていけたらと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

もうちょっと詳しい自己紹介はこちらをご覧ください。↓

「ちょっと恥ずかし、自己紹介!」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
現在の閲覧者数: